血中脂質をコントロールするならココナッツオイル

血中脂質が異常に高くなると脂質異常症になります。高脂血症と呼ぶこともある病気で、血液の中にある善玉コレステロール、悪玉コレステロール、中性脂肪のバランスが悪くなっている状態です。血液検査では成人病の目安として、悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪の値を検査します。いずれかひとつでも正常値を超えていれば、脂質異常症と指摘されます。

 

血液中に脂質が多い状態にあっても、食事の内容によって一時的に増えることもありますし、自覚症状はがないので検査をしないと見過ごされがちです。慢性的に血中脂質が多い状態が続くと、動脈硬化になって命に関わる病気を発症することもあります。少くなくとも健康診断で指摘された場合には、放置しないで早期に改善策を取り入れることが大切です。

 

血中脂質のコントロールには食事療法が不可欠です。例えば体重のコントロールを目的にした食事では脂質摂取を控えますが、動物油はNGでもココナッツオイルなどの良質な植物油の摂取は必要です。ココナツオイルは中鎖脂肪酸に分類されます。中鎖脂肪酸の特徴は直に肝臓に届いて、エネルギーとして消費されやすく、内臓脂肪を燃焼する効果もあるという点にあります。

 

脂質は種類にかかわらずカロリーはすべて同じですが、ココナツオイルのように消費されやすいものと体内に蓄積されやすいものがあります。特性を考慮したうえで食事に加えれば、減量中でも空腹感に悩まされる心配がありません。ココナツオイルは、食事に利用すれば悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスが整うので、動脈硬化予防に有効です。またココナツオイルはオリーブオイル同様にエキストラバージンと精製タイプがあります。エキストラバージンは精製されていない天然のままなので、精製タイプと比較すると、中鎖脂肪酸が豊富に含まれていて血中脂質のコントロール効果も高いです。