血中脂質を下げる効果のある食べ物とは

血中脂質が異常に高い状態で放置すると、動脈硬化が進むだけでなく、脳梗塞などの重篤な病気のリスクが高くなります。予防するには食事と運動療法が最善策です。もし検査の結果で血中脂質が高かったとしても、食べ物で正常値に下げることが出来ます。

 

血中脂質のうち中性脂肪を下げる食べ物として利用頻度が高いのは青魚です。イワシやサバが代表的ですが、青魚にはDHAとEPAが多く含まれています。DHAは脳の血流を促す働きがあることから、化防止に有効です。中性脂肪を下げる効果があるのはEPAで、肝臓で脂肪が作られるのを予防するため中性脂肪が増えにくくなると考えられています。

 

生成を予防するという点では大豆も効果があります。大豆は脂質ではなく糖質が肝臓で脂肪に代謝されるのを予防する働きがあります。血中脂質を下げるには、肝臓での代謝を抑制するだけではなく、体内に吸収される前に予防することも大切です。

 

食物繊維は、腸内の老廃物を排泄させますがコレステロールの吸着もしてくれます。水溶性と不溶性の2種類があるので、野菜や海藻類からバランスよく摂取するとよいでしょう。

 

血中脂質を下げる効果のある食べ物を取り入れても効果が得られない場合があります。食物繊維をサラダで食べる場合、ドレッシングは使用しても大丈夫ですが、オイルは必ず質の良いものを選ぶことが大切です。オリーブ・ゴマ・ココナッツなどの非精製タイプが適しています。また食べ方も大切で、体に良い食べ物でも食べすぎはよくありません。腹七分から八分で我慢することが大切で、次の食事の時間までには空腹感を感じることも必要です。空腹になっている時には、体内に蓄積された脂肪をエネルギーとして使用するので、体脂肪を効率よく減らせます。食べ物や食べ方にちょっとした工夫をすれば、血中脂質を下げるのは案外と簡単です。