血中脂質検査の目的と結果の見方について

血液検査では目的に応じて様々な検査を行います。血中脂質検査では、血液中に含まれている脂質の種類や量を検査します。項目としては総コレステロール、LDLと表記する悪玉コレステロール、HDLと表記する善玉コレステロール、TGと表記される中性脂肪があります。血液中の脂肪の量は成人病のリスクの指標となります。多くても少なくても病気を発症してなければ自覚症状はないので、定期的に検査をして血液の状態を確認することが必要です。

 

血中脂質検査のうち、HDLは体中に存在しているコレステロールを肝臓に集める働きを持っていて、高血圧や脳梗塞の発症率を高める動脈硬化を予防に役立ちます。

 

悪玉と呼ばれているLDHはHDLと逆の働きがあり、肝臓から全身にコレステロールを運びます。血管を通して送るため、量が多すぎた場合、すべてをスムーズに運べなくなり血管壁に脂質が残されます。血管壁に付着する脂質が増えると、次第に血管内が細くなって動脈硬化のリスクが高くなります。成人病予防のためにもLDHは正常値に維持することが大切です。

 

中性脂肪は食事から摂取した栄養のうち、体内でエネルギーに代謝された栄養素が余って肝臓や脂肪細胞に蓄積されたものを指します。肝臓に蓄積すれば肝臓の働きが低下しますし、脂肪細胞に蓄積されればメタボ体型になります。さらにHDL値も低下するので、成人病の発症率が高くなります。総コレステロールはTCと表記されることがあり、HDL、LDL、中性脂を総計した値です。コレステロール値をコントロールする場合には、総コレステロールの数値を下げるのではなく、HDL、LDL、中性脂肪のいずれかが正常値を著しく超えないように注意することが大切です。