血中脂質が著しく高いのは脂質異常症

血液検査で血中脂質を検査した結果、善玉コレステロール・悪玉コレステロール・中性脂肪値のいずれかひつでも正常値範囲を著しく超えて高いと脂質異常症と診断されます。血液の中に脂質が多く混ざっていると、血管の中をスムーズに流れにくくなり、脂質異常の状態が長く続けば、血管壁に流れなかった脂質が付着・蓄積します。ケアをせずに放置すれば、血管が徐々に細くなって動脈硬化を起こす可能性が高くなります。動脈硬化になってもなおケアをしないと、血管内に血液の塊が出来たりして血液が詰まります。

 

脂質異常症は、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞の主な原因です。病気を発症しなければ、血液はドロドロになっていても自覚症状はありません。病気を発症してから気が付くこともあります。健康診断などで医師から脂質異常症と診断された、聞き流さないで精密検査を受ける、生活習慣や食習慣の指導を受けるなど早期のケアが必要です。

 

血中脂質が異常に高い数値を示す原因は、脂質の多い食事や過度なアルコールの摂取、運動不足などです。悪玉コレステロールや中性脂肪をコントロールすることがケアの基本です。もし体重が標準値より多い場合には、栄養バランスのよい食事を心がけるとともに、有酸素運動と併用して適正体重に近づけることが有効な対策となります。

 

総コレステロール値を下げようとする人がいますが、総コレステロール値は悪玉・善玉コレステロールと中性脂肪を合計した値なのであまり気にする必要はありません。検査結果でとびぬけて高い数値の項目に対してケアをすることが大切です。また加齢や閉経が原因でも検査結果が高くなることがあります。加齢・閉経の年齢になると新陳代謝が低下する傾向にあるため、食事と運動によるケアにサプリメントなどを加えるとよいでしょう。