血中脂質が高いと高血圧に要注意

血中脂質が高い人は血圧の管理が大切ですし、もともと高血圧の人は血中脂質が高くならないようコントロールが必要です。血中脂質とは、血液の中に含まれているコレステロールや中性脂肪のことですが、2種類あるコレステロールは善玉と悪玉のバランスがとれていて正常値の範囲にあれば問題はありません。

 

また中性脂肪がは全くないのも健康にはよくないので、正常値を超えていなければ血液中に含まれていることが好ましいです。しかし血中脂質が正常値の範囲を著しくオーバーしている脂質異常症になると、血管が細くなり血圧が上昇します。血管自体も柔軟性が失われて動脈硬化が進み、血液をスムーズに流して全身に栄養を送るには、正常な時より強い圧力が必要になります。脂質異常症と高血圧はお互いに発症のリスクを抱えていて、合併すると重篤な病気になります。動脈硬化が腎臓の血管に起これば、腎臓病にかかる危険が高くなります。

 

動脈硬化は加齢によって起こりやすいと言われていますが、血液中の脂質が高くなることでも起こるので、年齢にかかわらず注意が必要です。最も基本的な予防方法は体重と体型の管理です。標準体重を大幅に超えている場合には、食事療法と運動療法を併用して適正値に戻す必要があります。またメタボ体型の人は、腹囲についている脂肪を減らす必要があります。内臓脂肪のうち、肝臓に過剰に脂肪が蓄積したまま放置すると、肝機能が低下して、最悪の状態になると肝硬変や肝臓がんのリスクが高くなります。高血圧の人も、食事療法と運動療法による体重のコントロールをすれば、脂質異常症を予防出来ます。健康に生活を送るには、脂質異常症と高血圧が同時に起こらないように予防することが重要です。