血中脂質はほどほどに必要

血中脂質は、血液中に存在する脂肪成分のことで複数の種類があります。健康診断の血液検査で調べることが多く、コレステロール、中性脂肪などがよく知られています。コレステロールには悪玉と善玉の2種類があります。悪玉が規定値より過剰になっていると、血管壁に付着して血管内を細くして血液の流れが悪くなると、脳梗塞や脳血栓のリスクを高くします。また中性脂肪は、体を動かすエネルギー源の元となります。食事に含まれる糖質やたんぱく質、脂質から作れますが、エネルギーとして消費しきれないで余った分が中性脂肪として体内に蓄積されます。ほどほどに蓄積されている分には問題はありませんが、過剰になると脂肪肝やメタボの原因になります。血中脂質は他に細胞膜を形成するのに必要なリン脂質、中世脂肪から作られる遊離脂肪酸があります。

 

血中脂質はやせ型の人でも正常値を超えている人は少なくありません。肥満体の人は成人病予防を目的としてダイエットが必要ですが、血中脂質は多すぎれば毒なりますが、まったくない状態も健康に害が及びます。適正量を維持するには、食生活や運動を習慣にして基準値内にすることです。

 

体内に蓄積した脂肪は、エネルギーとして消費すればよいので、摂取量に対して消費量が増えれば問題はありません。エネルギー消費を高めるには有酸素運動が適しています。代表的なのはウォーキング、水泳、サイクリングなど体に負担がかかりにくい運動です。運動をする習慣がない人でも継続して続けやすいのが特徴で、継続して行えば血行が促進されて中性脂肪値を下げる効果が得られます。中性脂肪値が正常になれば、善玉コレステロールが増えて悪玉コレステロールが減少するというメリットもあり、血中脂質を健康値に近づけることが出来ます。